顔汗

MENU

顔汗が出る原因は?

体には汗をかかないのに、顔ばかりに汗をかく、いわゆる『顔汗』

 

ハッキリ言って気持ちの良いものではありません。顔汗が出る原因はいくつかあり、全身の健康にかかわる場合もあります。

 

そこで、イヤな顔汗の原因と対策方法について調べてみました('ω')ノ

人が汗をかく仕組み

顔汗の原因を探る前に、まず、人が汗をかく仕組みについて理解しておきましょう。人が汗をかくのは体温調節のためです。

 

体温が過度に上昇すると人の最も大切な器官である脳がダメージを受けるため、身体は汗を出すことで熱を放出しようとするのです。

顔汗

 

汗を分泌しているのは、エクリン腺という部位です。エクリン腺は全身におよそ300万個ありますが、実際に活動しているのは約半分とか。

 

運動不足や冷え等で熱を発生させる機会が少ない生活をしていると、特に下半身のエクリン腺は休眠状態に陥りやすいので注意しなければいけません。

 

下半身のエクリン腺が休眠してしまうと、体温調節が必要になった時、上半身のエクリン腺をフル稼働させる必要が出てきます。

 

中でも四六時中外気にさらされ、休む暇のない顔のエクリン腺はいつも以上に働かなければいけなくなります。このようにして、顔ばかりに汗をかく顔汗が引き起こされるのです。

 

全身の汗と違う顔汗

顔汗が体の汗と違うのは、ベタベタして気持ちわるいという点です。本来、エクリン腺から分泌される汗はサラサラとしていて、すぐに蒸発するものですが、なぜか顔汗だけはベタベタとして蒸発しにくくなっています。

 

汗は血漿(けっしょう)から作られています。血漿とは、血液から赤血球、白血球、血小板を取り除いたものです。

 

しかし、血漿は体に必要なミネラルも含有しているので、そのまま放出してしまうわけにはいきません。血漿から必須ミネラルを血液に戻した、水とほんの少しの塩分からなる液体を汗として放出しているのです。

 

このようにして生み出される汗は、通常は水のようにサラサラしています。しかし、エクリン腺の機能が衰えているとミネラルも一緒に放出されるため、ベタベタとした汗になってしまうのです。

 

顔汗をかく人はエクリン腺の働きに何らかの問題を抱えている人が多く、そのため、顔汗はベタベタしがちなのです。

 

 

病気の可能性もある顔汗

顔汗の主な原因はエクリン腺の衰えですが、実はそれだけではありません。たとえば、急に激しい運動をしたり、緊張したり、辛いものを口にした時なども顔汗をかきがちです。これらは自然な生理現象なので、あまり気にする必要はありません。

 

顔面多汗症

しかし、もし、緊張した時にポタポタと床に落ちるほどの汗をかくならば「顔面多汗症」という病気の可能性もあります。顔面多汗症とは必要以上に汗をかく多汗症の一種です。交感神経が過敏になることによって引き起こされると言われていますが、いまだ原因は解明されていません。ただ、病院で診察してもらうこともできるので、疑わしい人は医師に相談してみることをおすすめします。顔汗は顔面多汗症だけではなく、さまざまな病気を知らせてくれている可能性があります。

 

甲状腺機能亢進症

たとえば、新陳代謝を活性化する甲状腺ホルモンが過剰分泌される甲状腺機能亢進症もその一つです。甲状腺機能亢進症の場合には、顔汗だけではなく動悸・息切れ・イライラといった諸症状がみられ、過食気味なのに痩せてしまうという傾向があるので注意しましょう。

 

自律神経失調症

また、呼吸・体温・血流・内蔵の働きなどを調節して身体の恒常性をキープしている自律神経のバランスが乱れる自律神経失調症でも顔汗が起きます。単に顔汗と思って放置していたら、不眠などの深刻な症状に陥ってしまった例もあります。少しでもおかしいと感じたら、診察を受けるようにしましょう。

 

糖尿病

顔汗を伴う大変な病気としては糖尿病を忘れてはいけません。糖尿病によって血糖値が高い状態が続くと、末梢神経が侵される糖尿病神経障害になってしまうこともあります。末梢神経の一つである自律神経の働きも衰え、著しい顔汗をかくことになるのです。便秘、下痢、尿意喪失などの様々な症状が出現するので注意して下さい。

 

縦隔腫瘍・大動脈瘤

また、顔の片側だけに汗をかくのであれば、かなりの確率で病気と言えます。左右の肺と胸椎・胸骨に挟まれた部分にできた縦隔腫瘍、大動脈瘤などの重い病気の可能性があるので、できるだけ早くクリニックを受診することをおすすめします。

 

 

顔汗を止める方法

病気が原因の顔汗の場合は、病院での治療が欠かせません。しかし、これといった理由を特定しにくい顔汗の場合はどうすれば良いのでしょうか。

 

特にプレゼンの前に緊張で顔に大汗をかいてしまったというような状況では、一刻も早く制汗したいものです。顔汗によるピンチをしのぐいくつかの方法を紹介しましょう。

 

顔汗を抑える制汗剤を使う

長時間、顔汗を抑えるのであれば、顔汗用の制汗剤を使うのが一番簡単で良い方法だと思います。
ジェルタイプやスプレータイプなど、サッと顔に塗るだけで汗を防ぐことが出来ますよ。最近は商品も増えてどれを購入したらいいのか悩んでしまうと思いますが、中でも効果があってお勧めの商品を紹介しておきますね('ω')ノ

 

顔汗訴求 
サラフェ+

ジェルタイプの制汗剤『サラフェプラス』は、顔に塗るだけで汗を抑える事が出来ます。美容雑誌などでも紹介されている、女性に人気の商品ですよ。

 

お試し購入(定期購入)の利用で、通常価格8,480円の商品が5,480円で購入することが出来ます。もちろん送料も無料です。

 

また、定期購入の回数縛りもないので、もし効果などが感じられなかったときは1回で定期購入を止めることも出来ますよ。

 

また、肌荒れなどお肌に合わなかった場合は返金保証もあるので、安心して利用する事が出来ますね。

 

 

≫注文・詳細はこちらから


薬用ノエミュ
薬用ノエミュ

『薬用ノエミュ』もジェルタイプの制汗剤となっています。こちらもサッと塗るだけなので簡単に顔汗対策する事が出来ますね。化粧前にサッと塗って、その上からいつものように化粧しても大丈夫です。

 

薬用ノエミュに関しては、定期購入する方に特にお勧めとなっていますよ。通常価格だと6,980円になるんですが、定期購入の場合は初回980円で購入可能です。送料も0円です。

 

2回目からは4,980円となるんですが、それでも通常価格より安い費用で購入できますよ。ただ、4回以上の継続が必要となってくるので注意してください。

 

 

≫注文・詳細はこちらから

デオヴィサージュ
プレミアムデオヴィサージュ

顔汗用の制汗剤『プレミアムデオヴィサージュ』も雑誌などで取り上げられている人気の制汗剤です。

 

水に強いウォータープルーフとなっているので、雨の日やマリンスポーツをする時でもOK!プールや海に行くときにもお勧めですね。

 

こちらも、定期購入した方がお得になっています。通常価格7,980円が初回3,980円(送料無料)となっています。2回目からも4,980円と安く購入する事が出来ますよ。

 

定期購入の場合は3回以上の継続が必要となってくるので注意してくださいね。

 

 

≫注文・詳細はこちらから


 

首の後ろを冷やす

汗は体温を下げるためにかくものです。したがって、体を冷やせばある程度汗をおさえることも可能です。顔汗を止めるためには、首の後ろを冷やすことがポイントになります。特に気温の高い夏は体温も上昇しがちです。冷凍しておいたペットボトル、冷却シートなどを首の後ろにあてて、頭部から顔面にかけての温度を下げるようにしましょう。タオル素材の首あてに保冷剤を入れて、常時巻きつけておくことができるようなアイテムもドラッグストア等で市販されています。

 

冷たい飲み物を飲む

また、内側から体を冷やすというのも効果的です。冷たい飲み物を補給すれば、それだけ体温を落ち着かせることもできます。しかし、冷たいものを飲みすぎて過度に身体を冷やし、自律神経を乱すようなことがあっては本末転倒です。あくまでもクールダウン程度を心がけて摂取するようにしましょう。

 

身体をきつく結ぶ

裏技としては、胸の上あたりをタオルなどでギュッと結ぶという方法もあります。いわゆる「芸者の高帯」と言われる位置をキープするようにしてください。芸者さんは夏でも着物を着ていますが、顔に汗一つかいていないのは、この「芸者の高帯」の効果です。身体をきつく結んだ場所から上は汗をかきにくいという、昔ながらの知恵をいかしているのです。ただし「芸者の高帯」をすると、顔汗は抑制されても、脇汗をかきやすくなるとも言われています。こまめに拭き取るなどして、洋服に滲み出さないように注意しましょう。

 

 

抜本的な顔汗対策

顔汗の根本的な原因であるエクリン腺の低下。それではなぜ、エクリン腺は衰えてしまうのでしょうか。エクリン腺が問題を起こす大きな理由の一つが運動不足です。

 

運動をあまりしない生活をしていると、心臓から離れたところにあるエクリン腺ほど衰えていきます。そこで、顔汗という現象が起きるわけです。

 

全身のエクリン腺がしっかり機能するように、毎日少しずつでもかまないのでストレッチなどをする時間を作りましょう。日頃からエクササイズを心がけ、体温を一定以上にキープしておけば、汗腺の働きも健康的にキープすることができるのです。

 

また、女性はホルモンバランスの乱れから顔汗をかく人もいます。ホルモンバランスの乱れによって自律神経が失調し、体温調整機能が衰えると顔汗をかきやすくなってしまうのです。

 

女性は生理、妊娠、出産、更年期などをきっかけにホルモンバランスを崩しやすく、特に更年期は顔汗を大量にかく人も少なくありません。更年期における女性ホルモンの急激な減少は「ホットフラッシュ」という特有の顔汗の引き金になっています。

 

 

メンタル面からの顔汗対策

緊張や興奮も顔汗の大きな原因です。普段は何ともなくても、入試や就活のココ一番という時にかぎって、顔に滝のような汗をかく人もいます。

 

そういった人は特に「失敗できない」という場面で顔汗をかき「汗が気になって集中できなかった」というような結果も招きがちです。メンタルによる顔汗の場合は、とにかく自分なりの気持ちの落ち着け方、緊張をほぐす方法を見つけることが大事です。

 

たとえば、大切なプレゼンに向かう際には、約束の時間よりも早めに到着しておくことは鉄則です。走って汗をかいて時間ギリギリに到着したのでは、精神的なストレスはかえって増すばかりといえるでしょう。

 

余裕を持って到着し、化粧室やロビーなどで一休みして、軽く化粧を直すことができればベストです。特に緊張する相手と会おうとしている時ほど、早め早めの行動を心がけて下さい。

 

コーヒー、紅茶、スムージーなどのお気に入りのドリンクでホッと一息ついておくのもいいでしょう。

 

 

漢方で顔汗改善できる?

顔汗対策としては、漢方を利用するというのも一つの方法です。顔汗に効果的とされている漢方には『防已黄耆湯、桂枝加黄耆湯、柴胡桂枝乾姜湯』などがあります。

 

なかでも顔、頭、脇の下の汗に効果があると言われているのが柴胡桂枝乾姜湯です。しかし、どの漢方が合うかは個体差がかなりあるので、漢方薬局に相談してみることをおすすめします。

 

最近ではオンラインショップで漢方を購入することもできますが、まず一度は漢方薬局に足を運び、自分の体質に合致している漢方を見つけるようにしましょう。

 

漢方に代表される東洋医学は体質改善を目指すものです。そのため、体質由来の顔汗に効く可能性があるというわけです。東洋医学と言えば漢方だけではなくツボ押しもあります。

 

手のひらの中央にある「労宮」は自律神経の働きを整えるツボなので、顔汗に困っている人は押してみるのもいいでしょう。内くるぶしから指2本ほど上にある「復溜」や、脇の下の中にある「大包」などもおすすめです。

 

顔汗に効果がある漢方薬

紫胡加竜骨牡蛎湯
(さいこかりゅうこつぼれいとう)

抑うつ、不安、イライラ、不眠など精神的に不安定な場合。リラックス効果がある漢方薬です。

紫胡桂枝乾姜湯
(さいこけいしかんきょうとう)

体力がなく、貧血気味で、口が渇き、動悸(どうき)や息切れがあり、神経過敏な人、神経症、不眠症などに用いられる漢方薬です。

防已黄耆湯
(ぼういおうぎとう)

水分代謝を改善させる漢方薬となっています。

防風通聖散
(ぼうふうつうしょうさん)

水分代謝を改善させる漢方薬となっています。

加味逍遙散
(かみしょうようさん)

ホルモンバランスを安定させ、影響を緩和する漢方薬となっています。

女神散
(にょしんさん)

血行と水分のめぐりをよくして、神経系の不調に効果のある漢方薬となっています。

黄連解毒湯
(おうれんげどくとう)

体の中が熱いのぼせ気味の方や、多汗症の方に有効な漢方薬となっています。

茵チン蒿湯
(いんちんこうとう)

内臓などの体の内側に溜まった熱を鎮める働きがある漢方薬となっています。

 

 

 

食生活を見直して顔汗克服!

食生活の乱れによって顔汗がひどくなることもあります。肉食に偏ると顔汗が出やすくなるという人もいます。

 

食物は肝臓でエネルギーに変換されますが、肉などのタンパク質は他の食品よりも大量の熱を発生させます。そのため、肉を食べすぎると体温が上昇し、顔汗もかきやすくなってしまうというわけです。

 

逆に冷えに悩んでいる人は、朝食から肉を取り入れるなどして、体温を高めにキープしてみるのもいいでしょう。

 

 

日常生活の一工夫で顔汗撃退!

顔汗に効くとされるちょっとした小技は、実はいろいろとあります。全部を毎日繰り返すのは無理だとしても、日常生活の中のちょっとしたタイミングに取り入れてみるのもいいかもしれません。

 

たとえば、当たり前のことですが、顔汗はダラダラと流れるままにしておくのはNGです。必ずこまめに拭き取るようにしましょう。清潔なハンカチやタオルを常に複数枚常備しておくことができれば理想的です。

 

また、ミョウバン水をシュッと一吹きするだけでも、顔汗への抑制効果があると言われています。

 

スーパー、薬局等で販売しているミョウバンを水に溶かし、20〜50倍程度に希釈したものをスプレーに入れ、2日ほど寝かせればミョウバン水のできあがりです。

 

できれば「顔汗が出そう」というタイミングで、事前にシュッとすることができれば、ある程度顔汗を抑えることも可能です。

 

もちろん制汗剤を利用するのも悪くはありませんが、必ず顔用のものを使用するようにして下さい。脇の下用を使うようなことはやめましょう。

 

顔面の皮膚はとてもデリケートなので、ちょっとした刺激がニキビ、カサつき等の誘因になってしまうこともあります。いくら顔用をうたっていても、敏感肌の人は使用しないにこしたことはありません。

 

もし、使った場合には就寝前に制汗剤を必ずきれいに洗い流すようにしましょう。

 

 

まとめ

顔汗が出るに至るには、一定のメカニズムがあります。スイッチを押しているのはどの原因なのか、まず正確に理解することが、正しい顔汗対策への第一歩と言うことができるのではないでしょうか。そのためには、時には病院や漢方薬局などを利用してみる必要もありそうです。

 

また、顔汗は精神的なストレスと密接な原因があることは明らかです。できるだけストレスフリーな毎日を過ごすことができるように、日々工夫するように心がけて下さい。どうやっても顔汗が止まらないならば、そこまでのストレスを自分に与えている現在の状況を根本から変えることも考えなければいけないでしょう。

 

顔汗はけっして気持ちの良いものではありませんが、自分の体質を根本的に見直すきっかけにもできます。原因を正しくつきとめないままいろいろしても、かえって逆効果になってしまうことも多々あります。

 

まずは顔汗の理由を正しく把握して、適切な対策をとるように心がけましょう。そして、より健康的な毎日を過ごしてみてはいかがでしょうか。