顔汗

MENU

正しい対策法

汗かき対策として、一番に制汗剤を思い浮かべる人も少なくないでしょう。

 

制汗剤にはローション、スプレー、スティックなど様々な形状があり、無臭から香りが楽しめる商品まで実に多種多様なタイプがあります。

 

では、顔汗にも使える制汗剤もあるのでしょうか?顔というデリケートな部位だけに、気になるところを探りました。

顔汗は薬でどうにかできる?

顔汗対策としては薬、制汗剤などいろいろな方法があります。中には全身の汗をシャットアウトしてしまう薬もあり、そうすれば当然、顔汗も止めることができます。

 

しかし、それだけ強い薬となると常用できませんし、副作用も当然あります。ついうっかり使いすぎて「どうしても顔汗を止めたい」という場面で使えない可能性もあるわけです。

 

強めの薬を避けて、漢方やサプリメントなど、穏やかな効き目のものを服用するという方法もあるでしょう。

 

ただ、そういったものは体質を改善して顔汗を止めようというアプローチのため、ある程度の時間はかかります。これも「すぐ顔汗を止めたい」と希望している人にはおすすめできません。

 

顔汗に制汗剤をおすすめする理由

顔専用の制汗剤ならば毎日使っても問題ありませんし「顔汗を止めたい!」と、思ったタイミングでいつでも利用することができて大変便利です。

 

顔専用制汗剤と一口に言っても様々なものがあります。たとえばジェルクリームタイプのものならば、スキンケアの仕上げにはもちろんのこと、メイク下地として使用することもできます。

 

洗顔フォームで簡単に洗い流せるタイプのものを選択して、肌への負担を極力抑えるようにしましょう。

 

 

顔汗にボディ用制汗剤を使用してはダメ!

ドラッグストアの制汗剤コーナーにはボディ用の製品が数多く並んでいます。

 

肌への優しさをうたっている製品もあり「ボディ用の制汗剤で顔汗対策しようかな?」と、考える人もいるかもしれませんが、それは絶対にやめて下さい。

 

実は、顔の皮膚というのは人間の体の中でもっとも薄い部位です。どんなに低刺激のものでも、ボディ用の制汗剤はデリケートな顔に使っていいわけがありません。

 

とくに塩化アルミニウムを使用している制汗剤は、汗腺をふさぐプロセスで硫酸を発生させます。体ならばたえられますが、顔の皮膚にとってはトラブルの元になりかねないので使わないようにしましょう。

 

特に女性は注意が必要です。女性の皮膚は男性よりも薄く、顔の皮膚は非常に繊細なつくりをしています。

 

女性の顔汗対策には、効果的なだけではなく、肌への優しさを大切にしている製品がマストと言えるでしょう。

 

顔汗に制汗剤を使用する時の注意

女性の顔汗を改善するには、フェイス用制汗剤を使用するというのは一つの賢い選択と言えます。しかし、使い方を間違えてしまえば十分な効果は期待できません。

 

顔用制汗剤を使うにあたっては、必ず正しい使用方法を守りましょう。なかなか効果が感じられないからといって、規定量以上の制汗剤を塗りたくるのは逆効果です。

 

制汗剤を使い始めてしばらくは毛穴が十分に収斂されていないので、どうしても一定の顔汗は出てしまいます。

 

一つの制汗剤を使い切る頃にようやく効き目を実感する人も多いので、根気強く続けることも大切なのです。

 

また、制汗剤は汗を抑える効果はありますが、顔汗をかいてしまう体質そのものを改善するわけではないという点にも注意が必要です。

 

根本的に顔汗を解決したいと考えるならば、まず何らかの病気が原因となっていないかどうかクリニックに相談することをおすすめします。

 

もし病気によるものではないとしたら、体質を変えていかなければいけません。では、顔汗をかきやすい体質を改善するにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

制汗剤と併用したい体質改善方法

顔汗の大きな原因の一つは運動不足です。定期的に運動している人は汗をかく機会が日常的にあるため、汗腺の機能も正常です。

 

しかし、汗をかくことが少ない人は、どうしても汗腺の働きも鈍くなってしまっています。下半身の汗腺がほぼ休眠状態となり、汗腺の集中している顔から大量の汗をかくようになってしまうのです。

 

運動不足を解消するには、ジョギングやジム通いももちろん結構なことですが、簡単なストレッチだけでもある程度の効果は期待できます。

 

汗をかいた実感がなくても、体があたたまるのを感じれば実は汗は出ています。時々思い出してまとめてストレッチをするよりは、毎日5分でも構わないので体を動かすように心がけて下さい。

 

また、ただ足湯につかって体をポカポカとあたためるだけでも汗腺に刺激を与えることができます。足だけではなく手やヒジもお湯にひたすようにしましょう。

 

そういった心臓から遠い部位ほど汗腺が衰えやすいので、時々適度な刺激を与えるようにしなければいけません。

 

正しい足湯の温度は43°ぐらいと、やや熱めです。

 

膝下がつかるくらいまで浴槽に張って、10分から15分ほど足湯をしてみましょう。その後、浴槽をぬるめのお湯で満たして、少なくとも10分つかるようにします。

 

酢を数滴垂らすと発汗作用がアップするので、ニオイが気にならない人はぜひ挑戦してみて下さい。浴槽から出たらシャワーで体を洗い、タオルで体を拭いた後は汗がひくまで服を着ません。

 

冬場は風邪をひかないように、よく暖房が効いた部屋で行うようにしましょう。このような正しい足湯を毎日続けていると、だんだん汗腺機能が向上していくのが実感できるはずです。

 

 

顔汗に制汗剤を使用した人の口コミ

実際に顔汗に制汗剤を使用した人の口コミを調べてみると、効果を実感している人が多いことがわかります。

 

ただし、使い始めた当日に「汗がピタリと止まった!」というよりは、数日間使い続けているうちに「いつの間にか顔汗をかかなくなっていた」というケースがほとんどです。

 

ですから、制汗剤を一度使ってみて顔汗がとまらなかったといって捨ててしまうのは間違いです。少し気長につきあってみるようにしましょう。

 

制汗剤の利用者を見てみると、女性が圧倒的に多いのも特徴的です。顔汗はホルモンのバランスが乱れ、自律神経が不調になることも誘因の一つです。

 

生理、妊娠、出産、更年期などでホルモンバランスを崩しやすい女性は、いつ顔汗をかく体質になってもおかしくないといっても過言ではありません。

 

「出産後、顔汗をかくようになってしまいましたが、制汗剤を使うようになって随分改善されました。完全に顔汗をかかないようになったわけではありませんが、滝のようにベトベトの汗が流れるのに悩むようなおとはなくなりました!」

 

という経験をしている人もいます。

 

顔汗に悩む産後の女性にとっては朗報なのではないでしょうか。

 

ただ、制汗剤で顔汗を抑制している人の中には「制汗剤を使うようになって肌が感想しやすくなった」という人も結構いることに注意しなくてはいけません。
制汗剤で顔汗対策するならば、保湿ケアはいつもよりしっかりと行うようにしましょう。

 

顔汗に悩んでいるならば、ぜひ利用してみたい制汗剤。

 

デリケートな顔の皮膚に対応している、顔専用の製品を必ず選ぶようにしましょう。また、使用中はいつもより保湿に心を配り、制汗剤由来の乾燥を少しでも少なくしたいところです。

 

しっかりと保湿をし、なおかつ顔汗とサヨナラすることで、ピカピカの美肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。