顔汗

MENU

漢方薬の効果

顔汗を解決するには手術、ボツリヌス注射、制汗剤など様々な方法があります。しかし、いずれも副作用がゼロではないという点を気にしている人も多いかもしれません。そんな人におすすめなのが漢方です。

 

漢方ならば顔汗をかきにくい体質へと自然に導いてくれます。顔汗に効果があるとされる漢方について紹介します。

まず顔汗の理由を正しく把握

顔汗を大量にかくのは顔面多汗症という病気です。多汗症の原因は多岐にわたり、乱れた食生活、肥満、遺伝、ホルモンバランスの崩れなどがあると言われています。特に顔汗は心因的なものが多いので、ストレスのない生活を心がけることも大事です。

 

要するに、顔汗をかくからといって顔だけをケアするのではなく、身体全体をメンテナンスしなければいけないということでもあります。

 

顔は汗腺が特に多い部位なので、体の他の場所の汗腺が不具合を起こして汗が出にくくなると、しわ寄せが来て顔から汗が吹き出してしまうのです。

 

体表の汗腺のコントロール力を高めたり、水分代謝を正常化したり、自律神経のバランスを整えることが顔汗の緩和にはかかせません。そして、そういった体質改善こそ漢方の得意とするところなのです。

 

 

漢方治療のメリット

いわゆる「草根木皮」を使用した漢方薬による治療は、古来、中国から日本に伝えられた医学でした。現代医学で用いられる薬にはどうしても副作用がつきものです。

 

一方、漢方薬は副作用がないとまでは言えませんが、現代医学の薬よりは副作用が少ないのは事実です。

 

漢方薬は不定愁訴、虚弱体質、冷え性、婦人科疾患、にきび、変形性膝関節症などにすぐれた効果を発揮すると言われています。

 

いずれも現代医学では原因の特定が難しいなど、根本的な治療が難しいとされている疾患です。かぜやインフルエンザの予防になる漢方もあり、病気を治すだけではなく予防する効果が高いのも漢方治療のメリットと言えるでしょう。

 

 

漢方が考える顔汗とは

漢方では、現代医学とはまた違った観点から病気を考察しています。たとえば、漢方では多汗症は「体表を防衛する皮膚温度調整力や免疫が弱くなることによって起きる」と考えられています。

 

また、汗は体にとって有用な水分「津液」の一部とされています。津駅とは体のすみずみまでを潤し、滋養作用のある非常に重要なものです。そのような津液が汗として体外に出過ぎてしまうというのは、漢方の観点からもけっして良いことではありません。

 

体表防衛力をアップして必要以上の汗が出てしまうことを防ぐというのが漢方の考え方なのです。

 

 

顔面多汗症におすすめの漢方

顔面多汗症を漢方で改善するためには、まず、どのような理由によるものなのかを正確に把握してからにしましょう。ここを間違えてしまうと顔汗が治らないばかりか、かえって体調を崩すこともあるので要注意です。

 

精神性の顔汗

緊張やストレスなどの精神的な理由による顔汗は、昂ぶった神経をなだめ、気分を安定させる作用のある漢方薬を用いましょう。柴胡加竜骨牡蛎湯、 柴胡桂枝乾姜湯などがおすすめです。

 

食生活の乱れによる顔汗

脂質、香辛料などを摂りすぎて、過剰に発生した熱が体の中にこもっている人も顔汗をかきやすくなっています。胃腸の熱を冷ます黄連解毒湯、  茵陳蒿湯などを用いながら食生活の改善も心がけて下さい。

 

肥満による顔汗

肥満というのは単に贅肉が付きすぎているだけではなく、水分や熱が必要以上に体内にこもっている状態でもあります。水分代謝を促進する防已黄耆湯、防風通聖散などを服用してみましょう。

 

ホルモンバランスの崩れによる顔汗

更年期などによって女性ホルモンのバランスが崩れると、ホットフラッシュ、のぼせなどで大量の顔汗をかくことがあります。ホルモンバランスを整える加味逍遥散、女神散などがおすすめです。

 

 

漢方はどこで買えるのか?

以上のように顔汗に効くとされる漢方には様々なものがあります。そのいずれかを購入したいと考えるならば、医療機関または薬局を通して買うことをおすすめします。最近ではドラッグストアなどでも販売がありますが、自分の顔汗の理由をきちんと把握して正しい漢方薬を使用したいのであれば、専門医や薬剤師に相談してみた方が間違いないでしょう。病院で処方される漢方薬は保険適用になるのでリーズナブルな反面、選べる漢方薬が限られてしまう点に注意して下さい。特に煎じ薬の生薬で保険適用のあるものは非常に少なく、どうしても高額になりがちです。

 

漢方はすぐ効くのか?

漢方薬は抗生物質のように即効性があるわけではありません。飲んだらたちまち症状がおさまったというようなことはまずないのです。顔汗も例外ではありません。一般的に効果が出るまで2週間から1ヶ月はかかると考えて下さい。もし、ひと月以上かかっても何の効果も実感できないならば、間違った漢方薬を選択している可能性もあります。効果の出ない漢方薬を服用し続けて体調が悪化するケースもあるので、ただちに使用を停止して、医師や薬剤師に再度相談するようにしましょう。

 

遺伝による顔汗にも漢方は効く?

顔汗のかきやすさはある程度遺伝します。「生まれつきの体質だから」とあきらめてしまう人もいますが、ピッタリの漢方が見つかれば体質改善することも夢ではありません。遺伝による顔汗を漢方で解決した事例を紹介しましょう。
Aさんは子どもの頃から顔汗に悩まされてきました。湿気の多い梅雨時や緊張した時に特にひどくなり、睡眠中の顔汗もひどく枕がグッショリすることもしばしばでした。顔汗をかいた後は急に冷えを感じ、夜間や手足がむくむことも多いという体質だったそうです。漢方の考え方では、Aさんは必要以上に汗をかくことで体内の「水」と「気」を喪失しやすく、それゆえに様々な病気にかかりやすくなっている状態ということになります。そんなAさんに処方されたのは防已黄耆湯、加味逍遥散、桂枝加竜骨牡蛎湯でした。これらを1ヶ月ほど服用したところで、寝汗をかかなくなったとのこと。さらに衛益顆粒、麦味参顆粒を加えることで手足のむくみも解消されるとともに、顔汗をかく頻度も少なくなっていったそうです。以上のように体の表面上の「気」である「衛気」を強めることで、たとえ遺伝性の顔汗でも改善効果を期待できます。このように漢方は失った「水」と「気」を補強することで健やかな身体へと導いてくれるのです。

 

顔汗を漢方で治療するというと意外に思った人もいるかもしれません。しかし、実は顔汗のメカニズムに関しては現代医学で明らかになっていない部分も多く、漢方からアプローチすることは理にかなっているとも言えることなのです。

 

顔汗を引き起こす要因には様々なものがあるので、まずは自分の顔汗の原因を正しく特定するようにしましょう。

 

最近ではドラッグストアなどで漢方を購入することもできますが、間違った漢方の服用は効果がないばかりか体調不良を引き起こすこともあるのでくれぐれも注意して下さい。専門医や薬剤師に相談をして正しい漢方を服用するようにしましょう。

 

更年期障害や遺伝性の顔汗など、治すのが難しいと言われている顔汗でも漢方で解決できることもあります。ただし、1日や2日で完治するというものではありません。

 

体質改善と心得て、気長に取り組むことも必要なのです。体に優しい漢方でじっくりゆっくり顔汗改善してみませんか?