顔汗

MENU

ミョウバン水の効果

顔汗だけに限らず、脇や足などの制汗や汗の臭い対策として、古くからの定番である「ミョウバン水」。自宅で手軽に汗対策ができるので、愛用している人も沢山います。ミョウバン水の効果や自分で作る作り方などを勉強して、手軽に顔汗対策を始めてみましょう。

そもそもミョウバン水って何?

ミョウバンは、普段私たちの生活では、お菓子作りの際のベーキングパウダーに含まれているほか、漬物を作る時に発色を良くするためや、アク抜きの際などに使用されています。

 

ミョウバンは、スーパーの漬物コーナーや調味料のコーナー、ドラッグストアなどで市販されています。価格も、60〜70gで100円弱と低価格です。簡単に手に入れられるのもミョウバンの魅力ではないでしょうか。

 

ミョウバンは、食品添加物として使用されるだけではなく、汗対策に効果があるとして古くから日本のみならず、世界各地で愛用されています。普段は、食品として体の中に取り込まれているものなので、顔汗対策として使用しても問題がないという点が嬉しいポイントです。

 

顔汗対策には、洗顔後にミョウバン水を化粧水のように直接顔になじませて使用します。この時に、しっかりと手でパッティングしておくことをおすすめします。

 

スプレーボトルのようなものに詰め替えて、スプレーしても便利です。肌になじませたあとは、普段通りのスキンケアとメイクをするだけなので、普段のスキンケアにプラスするだけで使えるので手軽です。

 

 

ミョウバン水の効果とは

ミョウバン水には収れん効果があるので、毛穴を引き締め、皮脂の分泌をコントロールする作用があります。顔汗でべったりすると、朝きちんとメイクしたつもりでも、お昼までメイクがもたないことが多いものです。

 

べっとりとした汗を抑えられると、汗によるメイクの崩れの防止にもつながります。べたつく汗は匂いも気になるので、ミョウバン水で対策しましょう。

 

ミョウバン水の収れん作用は、汗対策だけでなく、ニキビ予防にも効果を発揮してくれます。汗対策をしながら美肌作りができるところが嬉しいポイントです。ミョウバン水で、毛穴の引き締まったキメの整った美肌を目指してみてはいかがでしょうか。

 

ミョウバンは、古代ローマ時代から消臭剤として使用されてきたという歴史がある、天然のデオドラント剤だと言われています。ミョウバンは水に溶けると性質が酸性になり、匂いのもとになる雑菌の増殖を抑えることができます。

 

また、アンモニア臭などは強いアルカリ性なので、ミョウバン水の酸性が中和しあって、鼻にツンとくるアンモニア独特の匂いも消してくれます。汗を抑えながら消臭もできるとあって、ミョウバン水は一石二鳥の汗対策だと言えるでしょう。

 

顔汗対策だけでなく、ミョウバン水は、脇汗や足裏の汗など全身の汗対策に使用できるので、汗かきの人や、匂いが気になる部分がある人は、ミョウバン水ひとつで全身の汗ケアができるので便利です。

 

 

ミョウバン水を自分で作ってみましょう!

ミョウバン水は、手軽に自宅で作れるという点が大きな魅力です。ミョウバンさえ用意すれば、あとは家にあるもので作ることができます。市販のデオドラント用品よりも格安で作れるところも嬉しいポイントです。作り方も簡単なのでぜひチャレンジしてみてください。

 

用意するもの

焼きミョウバン 大さじ2
水道水500ml
500mlの空のペットボトル
(必要に応じて詰め替え用のスプレーボトルなど)

 

ミョウバン水は顔に直接つけるものなので、ドラッグストアなどで市販されている精製水や、ウォーターサーバーなどのお水を使用した方が良いのでは?と思う人もいるかもしれません。

 

精製水やウォーターサーバーの水で作ってしまうと、塩素が入っていないため腐敗が早く進みます。ある程度の使用期間を保つためにも、ミョウバン水を作る時には、水道水を使用することをおすすめします。

 

作り方

(1)500mlのペットボトルに焼きミョウバン大さじ2を入れます。
(2)1のペットボトルに水500ml注ぎ、キャップをして振るようにして混ぜて、ミョウバンを全て溶かします。
(3)冷蔵庫で1〜3日放置します。
(4)水が透明になったらミョウバン水の原液が完成です。

ミョウバン水は最初に振り混ぜた時は乳白色ですが、ミョウバンが溶けて混ざると無色透明になります。

 

使用する際は、このミョウバン水の原液を10〜50倍程度に薄めて使用します。詰め替え用のスプレーボトルなどに作っておくと、顔にも使いやすく、外出先でもすぐに使えて便利です。

 

ミョウバン水の原液は、冷蔵庫で3週間〜1か月程度、薄めたミョウバン水は冷蔵庫で1週間程度保管することができますが、手作りしたミョウバン水は防腐剤などが入っていないので、なるべく早く使い切るようにしましょう。

 

 

ミョウバン水を使用する時に注意すること

ミョウバン水は基本的に肌の弱い人でも使いやすいものですが、アレルギー体質やお肌が弱い人は、薄めに作ってみて、肌の変化が見られないことが確認できてから、濃度を濃くしていくと安心です。

 

使用した時に肌がピリピリとした刺激を感じる場合は、濃度が濃い可能性があります。水で薄めて濃度を低くして様子を見るようにしましょう。

 

ミョウバン水は酸性の性質を持っているので、濃度が濃い場合はお肌に負担がかかってしまいます。美肌のためにも、必ず薄めて使用することをおすすめします。

 

なるべく早く使い切りたい手作りのミョウバン水ですが、水に濁りが出たり、異臭がする場合は使用せずに、新しいものを作るようにしましょう。

 

また、小さな子供や犬猫などのペットがいる場合などは、子供やペットの口に入ることがないよう、保管場所には気を付けることをおすすめします。

 

 

ミョウバン水が余ってしまった時はどうしたら良いの?

手作りのミョウバン水は長期保存をせずに、使い切ってこまめに作り替えることがおすすめですが、それでも余ってしまう場合もあります。ミョウバン水は用途が広いので、顔には使用できなくても他の用途で使いましょう。捨ててしまうなんてもったいないです。

 

顔以外にも脇の下や足の裏など別の場所の汗対策にも使用できるミョウバン水。余ってしまいそうだなと感じたら、顔以外の場所にも活用させてみましょう。使用する時は、顔に使用する時と同じく、水道水で10〜50倍に薄めたものを使います。

 

原液のまま残ってしまった場合には、30ml程度をお風呂に入れても良いでしょう。アトピーや肌荒れの予防にもなるほか、体の清浄にも効果があります。ミョウバン水を入れたお風呂に入ったあとは、肌が乾燥しがちなので、保湿することも忘れずに。

 

ミョウバン水は雑菌の繁殖を防ぐので、お風呂の残り湯を壁や扉、お風呂の椅子などにかけておくと、カビの予防にもなります。

 

靴箱やニット帽、枕やクッションなど、匂いがこもったり残ったりしがちな部分に、ミョウバン水をシュシュッとスプレーして消臭剤として使用するのも効果があります。

 

ほかにも梅雨の時期や、冬場の洗濯物など、生乾きの臭い対策にも使えます。ミョウバン水はスプレーしたすぐよりも、乾いてからの方が効果を感じられます。日常生活の様々なシーンに応用できるので、活用してみてはいかがでしょうか。

 

コスパ抜群の顔汗対策に「ミョウバン水」を手作りしてみてはいかがでしょうか。汗の匂いを抑えたり、ニキビ予防にも活用できて、汗対策と美肌作りを同時に行える優れものです。

 

足りなくなっても簡単に作れて、作りたてのフレッシュなものを使えるのが嬉しいところです。手軽で便利なミョウバン水生活、すぐにでも始めてみてはいかがでしょうか。