顔汗

MENU

妊娠をきっかけに・・・

これまでは特別汗かきではなかった人でも、妊娠をきっかけにたくさん汗をかくようになったという人も少なくありません。妊娠中は体質が変わるというのは良くある話ですが、なぜ妊娠すると汗がよく出るようになるのでしょうか。妊娠と顔汗の関係についてまとめてみました。

妊娠とともに起きる汗の変化って?顔汗をかくのはおかしい?

妊娠すると、様々な体の変化を感じる人も少なくありません。肌が部分的に黒ずんだり、おヘソの形が変わったりと目で見てわかる変化もあれば、体が火照ったり、顔から汗が滝のように出るというような体質そのものが変わるようなものもあります。

 

妊娠初期は体がポカポカするような、少し火照ったような感じがするという人も少なくありません。風邪をひいてしまい少し熱っぽいかなと感じるような変化です。風邪ではなく、妊娠による体の変化なので間違えて薬を服用しないように注意しましょう。

 

妊娠中期にかけては、少しずつ体がふくよかになってきて、常に暑いような気がするという人も多いものです。妊娠後期にかけては、特に上半身を中心に暑さを感じ、顔汗を沢山かく人が増えます。

 

背中にも汗をよくかきますが、下着が汗を吸ってくれるので、あまり目立つことはありません。顔から頭にかけては、汗の出口である汗腺の密度が高く、特に汗をかくと目に見えて分かる部分なので、変化に驚く人も少なくありません。

 

妊娠中に沢山汗をかくようになっても、それは異常なことではなくよくある変化のうちのひとつです。また、出産後徐々に元の体質に戻るので、安心しましょう。

 

 

妊娠中はどうして汗っかきになるの?

「高温期」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。妊娠初期は、この高温期と呼ばれる期間が続くので、特に体のほてりを感じる人が多いようです。

 

女性は1か月で周期を分けて2種類のホルモンが分泌されるのですが、高温期と呼ばれる間はそのうちの黄体ホルモンというホルモンが分泌されています。

 

黄体ホルモンの分泌は、妊娠中期(安定期)に入ると徐々に落ち着いてくるので、症状が少し和らぐ人も少なくありません。

 

妊娠すると、体が胎児を守ろうとするので、脂肪が付きやすい体に変化します。実際に体付きもふっくらとしてきます。脂肪は熱を蓄えやすいので、妊婦さんは体の中から暑さを感じるようになります。

 

妊娠の周期が進むほどに脂肪が付くので、後期に向けてどんどん汗っかきになります。冬場は寒さを感じなくて暖かく過ごせるという妊婦さんも多いのですが、夏場は暑くてたまらないという少し辛さを感じる妊婦さんも少なくありません。

 

出産に向けて徐々に授乳のために乳腺が発達してきます。乳腺に血液がたくさん送られ血液循環が良くなり、胸回りから頭にかけて汗をかきやすくなるという特徴も出ます。

 

妊婦さんは、ホルモンバランスの変化、胎児を守るための脂肪の蓄え、乳腺の発達の3つの理由から汗をかきやすくなるということです。

 

 

妊婦さんが汗をかくことで気を付けること

妊娠中、大量の汗をかくようになりますが、気を付けたいポイントがあります。1つは、汗を放っておくことで体が冷え、風邪をひきやすくなるという点です。

 

妊婦さんは、風邪をひいて熱を出してしまっても、市販薬などを安易に飲むことは胎児への影響を考えると避けたほうが良いでしょう。

 

妊婦さんが風邪をひいてしまった時は、医療機関を受診して医師の判断を仰ぐことになります。妊婦さんの体調の悪化は胎児へも影響する可能性があるので、風邪をひかないように汗をかいたあと、放置せずにこまめにふいたり、着替えたりしましょう。

 

暑いからといって、キャミソールやノースリーブでいると風邪をひきやすいので、カーディガンなどで調整できるようにすることもポイントです。

 

2つ目は、脱水症状になりやすいという点です。汗をかくのが嫌で水分を控えめにする人がいますが、妊婦さんの脱水症状は危険ですので、必ずこまめに水分補給をするようにしましょう。

 

水分補給は、スポーツドリンクではなく、麦茶や水を飲むことをおすすめします。スポーツドリンクを頻繁に飲むと塩分や糖分の取り過ぎにつながります。また虫歯にもなりやすくなるので、注意が必要です。

 

麦茶は、水分とミネラルを同時に補給できるので特におすすめです。

 

汗を大量にかくと、あせもになりやすくなるので、吸水性にすぐれた綿素材でできた締め付けのない下着を選ぶこともおすすめします。特に、乳腺が発達してくるのでブラジャーは適切なものを選ぶことをおすすめします。

 

 

妊娠中の汗対策にはどんなものがあるの?
こまめに汗をふきとる

やはりこまめに汗を拭き取ることが大切です。放置しておくとあせもや、顔汗の場合はニキビや吹き出物の原因になることがあります。お気に入りのガーゼハンカチを見つけたり、リラックスできるアロマを少し付けておくなどして、汗ふきを楽しめる工夫をしてみてはいかがでしょう。

 

お出かけの時には、携帯用のウェットティッシュや肌がサッパリするような汗ふきシートなどをしのばせておくこともおすすめです。

 

服装に気を付ける

吸水性の良い下着や服装を積極的に取り入れましょう。暑いからといって、肌を露出したりあまりに薄着でいると、風邪をひきやすくなるので注意が必要です。ゆったりとした、締め付けの少ない通気性に優れた服装を選ぶと良いでしょう。

 

マタニティ専用の洋服でも良いですし、思い切ってメンズサイズのものを選んでみても楽しいでしょう。妊婦さんの時にしかできないファッションを楽しみましょう。

 

 

中でも気になる妊婦さんの顔汗対策

前述したように、妊娠すると通常よりも汗をかきやすくなる上、汗腺の多い顔から頭にかけては、他の場所よりも目立って汗がたくさん出るという現象が起きます。

 

汗対策の中でも、周りの人からも気付かれやすい顔汗をなんとかしたいと思う妊婦さんもたくさんいます。妊婦さんの顔汗対策はどのようにすれば良いのでしょうか。

 

妊婦さんでも安定期に入ればお出かけする機会が増えることでしょう。赤ちゃんが生まれてからは忙しくなりお出かけしにくくなるので、安定期の内に友達とランチしたいというのもよくある話です。そんな時、顔から出る汗に悩む妊婦さんも少なくありません。

 

すっぴん+マスクでお出かけしている妊婦さんも見かけますが、写真を撮る機会などは、やはりメイクしたいと思う人も多いことでしょう。

 

汗や皮脂に強いメイクに変えたり、顔用の制汗ジェルクリームなどを利用してみるのも顔汗対策としておすすめです。

 

但し、妊娠中はホルモンバランスが普段とは異なる状態なので、肌が敏感になっていたり、普段使っていたメイク用品などで肌荒れを起こしてしまうこともあります。メイク用品や制汗クリームなどは、肌トラブルの少ない低刺激性のものや、無添加のものなどを選ぶようにしましょう。

 

顔汗が出ることでニキビもできやすくなります。夜にも顔汗が出ることがあるので、普段以上に洗顔と保湿にこだわってみるのも妊婦さんの美肌のためには大切でしょう。

 

妊娠すると、汗をかきやすくなるのは胎児を守るためや、乳腺の発達、ホルモンの変化などで当然に起こる現象だと言えます。

 

顔汗などは、周りの人からも見える部分なので、気になることでもありますが、あまり神経質にならずに、ゆったりと構えてその都度状況に応じた対策で乗り切ることをおすすめします。限られた期間のマタニティライフを楽しめるような工夫をしてみましょう!