顔汗

MENU

サラフェの効果は?

緊張した時や人と会う時に、顔汗が出てきて困るという人も少なくありません。

 

顔汗対策には、汗ふきシートや効果があると言われるツボを押すなど様々な商品や対策がありますが、中でも顔汗を気にしている人なら知らない人はいないと言っても過言ではないほどメジャーな「サラフェ」について、まとめてみました。

サラフェって何?

美容雑誌などにもよく載っている「サラフェ」なので、顔汗を気にしていない人でも、名前を聞いたことがある人や記事をみたことがあるという人も多いのではないでしょうか。では実際、サラフェとはどういった商品なのでしょうか。

 

サラフェは、朝の洗顔の後に顔全体に塗り込むだけで、気になる顔汗対策ができるという優れもののジェルクリームです。日中もテカリが気になり始めたら、メイクの上から塗り込めるので、気になったその時に顔汗対策ができます。

 

いちいちメイクをオフしなければいけないものや、テカリが気になっていても上から塗れないようなタイプだと、結局、顔汗を我慢しなければいけないので、メイクの上からでも塗れるサラフェは手軽に使用できます。

 

会議やプレゼンなどで人前に出る時に顔汗が出る人などは、プレゼン前のメイク直しと同時に使えて便利です。面接や合コン前のメイク直しなど、気合いを入れたい時にもおすすめです。

 

鼻の下に粒みたいな汗をかいてしまう人など、気になる部分がある場合には、その部分に入念に塗り込んでおくことをおすすめします。重ね塗りというよりも、指先にサラフェをちょっと付けて、トントンと塗り込むように塗る方法がおすすめです。

 

顔汗を押さえてくれるからオフが面倒臭そうと思う人もいるかもしれませんが、サラフェは普通に洗顔やメイク落としでオフできるのも人気の理由のひとつです。

 

 

サラフェが顔汗に効く理由

塗るだけで簡単に顔汗を抑えることができるサラフェですが、どうしてそのような効果があるのでしょうか。

 

サラフェには、汗を抑える薬用成分「パラフェノールスルホン酸亜鉛」が配合されています。パラフェノールスルホン酸亜鉛は、金属塩が主成分となったもので、たんぱく質と結びつくことで固まり、汗が出てくる部分を塞ぐ効果があるとされています。

 

但し、この薬用成分は効果を感じるまでに時間がかかる場合があるので、サラフェは5日間ほど使用を続けてからの方が効果が分かりやすいようです。

 

初めてサラフェを付けたその日に効果が感じられないと思っても、使用を続けることで徐々に効果を実感できる場合があるので、1週間ほどはきちんと塗ってみることをおすすめします。

 

また、緊張などの精神面からくる顔汗対策として、和漢シャクヤクエキス&アロマが心のリフレッシュに効果が期待できます。ホルモンバランスの乱れによる発汗で悩んでいる女性も多く、乱れたバランスを整える効果が期待できるのは嬉しいポイントです。

 

他にも、過剰な皮脂の分泌はメイクを崩れやすくするので、朝きちんとメイクをしても、お昼にはすでにテカってしまっているという悩みを抱える人も少なくありません。

 

サラフェは、お茶エキスとワレモコウエキスを配合し、紫外線やストレスなどによる過剰な皮脂の分泌を抑えるなど、様々な顔汗対策に効果があるように工夫されています。

 

ヨクイニンエキスや柿タンニンなど美肌効果のある成分も含まれているので、顔汗対策をしながら美肌効果も期待できるのは女性に嬉しいポイントです。

 

 

サラフェが顔汗対策として優秀なポイント

サラフェが顔汗を抑えてくれる仕組みをチェックしてみましたが、「顔」に制汗成分を塗るということに抵抗を感じる人もいるのではないでしょうか。サラフェが優秀なアイテムである理由は、その「顔」に直接塗ることができる工夫にあるとも言えます。

 

お肌が敏感な人は、お化粧品選びにも気を使っているものです。その点、サラフェは顔に塗っても大丈夫?と不安になる人もいるかもしれません。

 

サラフェは、合成香料や、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤、パラベンなどの添加物を除いた4つのフリーを実現して作られています。顔汗を抑制すると聞くと、肌に強い負担をかけてしまいそうなイメージがありますが、4つのフリーで作られているのでお肌が敏感な人でもチャレンジしやすいでしょう。

 

脇などの汗を防ぐ商品を顔に塗るのではなく、もともと「顔用」として作られているのが、サラフェのおすすめポイントのうちのひとつです。商品を企画する段階から「顔」に直接塗ることを想定しているので、配合する成分にもこだわりがある商品だと言えます。

 

顔用を想定されたテストを何度もを繰り返して商品として完成にたどり着いたサラフェですが、アレルギー反応を起こしやすい人や、お肌がかぶれやすい人などは、やはり初めから直接顔に塗るのではなく、膝の裏側など皮膚の薄い部分でまずは試し塗りをすることをおすすめします。

 

何も異常がでないことを確認してから顔に塗る方が安心して使用することができるでしょう。

 

 

顔汗は止めても大丈夫?サラフェを継続使用しても大丈夫?

顔汗は、人前では視線が気になるし、顔汗を拭きたいけど拭くとメイクまで取れてしまったり、メイクがヨレてしまって困るなど悩みが尽きないものです。

 

顔汗を止めたいけれど、止めても大丈夫なの?と不安になる人も多いことでしょう。人の汗は、一部分を止めたとしても、他の部分からその分を発汗したり、尿として排出されるので問題はありません。

 

また、サラフェは汗を完全に止めるのではなく、汗を抑える効果が期待できる商品なので、その点も安心だと言えます。

 

汗を抑えることを続けても大丈夫?という不安に対しても、むしろパラフェノールスルホン酸亜鉛は、使い続けることで効果が実感できるものなので、サラフェは継続使用がおすすめです。

 

公式サイトによると、パラフェノールスルホン酸亜鉛の塗布試験後5日間経過後かつ最終塗布後24時間において、パラフェノールスルホン酸亜鉛を配合した処方は、汗の量が約40%減少したという結果が出ているので驚きです。

 

こだわりを重ねて作られたサラフェは、単なる化粧品としての扱いではなく、「医薬部外品」だという点が効果が優秀であると証明できるポイントです。

 

また、継続して使用するには、製品の品質も気になるとことです。サラフェは、国際規格のISO9001を取得した国内工場で製造されているとのことです。顔に直接付けるものだから、国内の清潔な工場で生産されているのは安心です。

 

コストも、単品で購入するよりも、定期コースで申し込んだ方が38%もオフになるので断然お得だと言えます。定期コースは、届けてもらうサイクルも選べる上、毎回注文しなくても良いので、コストだけでなく、手間も省けて便利です。

 

とは言え、初めての商品を購入する時は、効果やお肌の様子などの不安や心配がある人もいることでしょう。そういった場合は、初めは単品で申込み、その後問題なければ定期コースへ切り替えるという方法もあります。

 

安心できることを確認し、継続使用する場合は、コスパを考えて早めに定期コースに切り替えることをおすすめします。

 

 

まとめ

顔汗対策商品の中でもメジャーな商品でもある「サラフェ」ですが、支持を得ているのには、その製品の企画から原材料、製造する過程にまでのこだわりのひとつひとつに理由があると言えるでしょう。

 

顔汗は、顔汗が出てしまうかもしれないという不安やストレスからも症状が悪化しやすいものです。サラフェを付けることで、汗を抑え自信を取り戻し、精神面からも顔汗対策をサポートしてくれます。

 

サラフェを使って、人目を気にせず快適な毎日を手に入れましょう。