顔汗

MENU

運動不足が原因?

顔汗の原因には様々なものがありますが、その中でも気になるのが「運動不足」です。

 

ほんの少しの運動でも滝のような汗をかくと、かなり運動したような気分になって、ますます運動不足になるという点にも注意が必要です。

 

顔汗と運動不足の関係についてまとめました。

顔汗の原因は体の汗腺の休眠

顔は体の中でもっとも汗腺が集中している部位です。体の汗腺が休眠してしまうと、出口をなくした汗が顔から一気に吹き出すようになってしまうのです。もともと下半身は汗をかきにくく、休眠しやすい性質があります。

 

あわせて背中や脇の下の汗腺まで休眠してしまうと、とめどなく顔汗が流れるようになってしまうのです。

 

汗腺は一度休眠したらそれきり眠ったままというわけではありません。寝た汗腺を起こすことも、もちろん可能です。その逆に、活性化している顔の汗腺を休眠させるようにすれば、自然と顔汗も減少します。そうするために決め手になるのが、実は適度な運動なのです。

 

 

顔汗を止めるための準備運動

顔汗を止めるための運動の仕方には、いくつか注意しなければいけない点があります。むやみに激しい運動をするばかりでは、ダラダラと顔汗をかくばかりなので注意しましょう。

 

運動中の顔汗を抑えるのにおすすめなのが足湯です。膝下をお湯に10分ほどつける足湯を1週間から2週間続けてみましょう。こうすることで汗腺の出口が太くなり、休眠から目覚めさせる効果が期待できるのです。

 

足湯をしばらく続けた後でジョギング等をしてみると、以前より顔汗をかかなくなってきていることを実感できることでしょう。

 

足湯をする余裕がない時には、肘から下をお湯につける手湯でもかまいません。まずは手足の汗腺を目覚めさせて、衰えていた汗腺を活性化して、運動によってサラサラの汗が全身から出る下地を作って下さい。

 

体から出る汗と違ってベタベタしている顔汗は気持ちの良いものではありません。サラサラと爽やかな汗をかくことができる基礎をまずしっかりと作っておきましょう。

 

 

顔汗を抑えるウォーキング

全身の汗腺を鍛えて顔汗を抑制するためのエクササイズとしては、たとえばウォーキングがおすすめです。まずは1日に10分でかまわないので、ウォーキングするように心がけましょう。

 

夏は日射病の危険もあるので直射日光を避け、冬でも汗ばむ程度の早足で歩くのがコツです。汗腺機能が弱体化している人がいきなりハードな運動をすると、かえって顔汗がドバドバ出ることになってしまいます。

 

まずは、うっすら汗をかく程度の運動から挑戦していきましょう。

 

また、一口にウォーキングと言っても「正しいウォーキング」と「間違ったウォーキング」があります。以下のポイントを押さえて、正しいウォーキングを心がけましょう。

 

・背筋を伸ばして15mほど先を見る。
・顎を引いて肩の力を抜く。
・腰の位置を上下させず、地面から一定の距離を保つ。
・肘を軽く曲げて、腕は肩から動かす。
・膝はできるかぎり曲げない。
・足は骨盤から動かすイメージで。

 

このようなポイントに注意することで顔汗抑制効果がアップするだけではなく、無理なウォーキングによるケガ、関節の痛み等を防ぐこともできます。顔汗の出ない体質を作るには、ある程度の期間、継続してエクササイズすることが欠かせません。

 

ストレスなく続けることができるように、正しいウォーキングを心がけましょう。

 

 

顔汗には有酸素運動

顔汗をかかない体質へと導くためには、有酸素運動を毎日の生活の中に取り入れることがポイントになります。有酸素運動とは長時間にわたる運動で持続力を必要とします。

 

体内に酸素を取り込み脂肪を燃焼させることで得た物質をエネルギー源としているため、ダイエットに効果があるとも言われています。この脂肪燃焼時には必ず水も出るため、これが汗の一部になるというわけです。

 

一方、瞬発的な運動である無酸素運動では、酸素を使うことはありません。そのため、脂肪が燃焼することもありませんし、有酸素運動ほど継続して汗をかくこともないのです。

 

ウォーキングも有酸素運動の一種ですが、その他にも以下のような様々な有酸素運動があります。ウォーキングばかりでは飽きてしまうこともあるかもしれませんし、楽しく続けられるようにアレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

・ランニング
長時間のランニングをした後に体重を計測すると、1kg近く落ちていることもあります。減少した体重の9割以上は、実は汗と呼気による水分です。発汗を促すランニングで全身の汗腺を鍛えましょう。

 

・縄跳び
縄跳びは子どもの頃にしたきりという人も多いかもしれませんが、顔汗を抑える有酸素運動の一つでもあります。二重跳びなどをする必要はなく、ゆっくりでかまわないのでできるだけ長く跳び続けることで有酸素運動としての効果をアップさせることができます。

 

・水泳
水の中なので汗をかいて洋服が張り付くような不快な思いをすることはありません。どんな泳法でもかまわないので、のんびり長く泳ぐようにして下さい。まったく泳げないならば、水中ウォーキングをするだけでも有る一定の効果は期待できます。

 

・踏み台昇降
体力テストなどでおなじみの踏み台昇降ですが、大人になってから取り組む機会はほぼ皆無と言っても良いでしょう。しかし、大変効率の良い有酸素運動なので、日々根気よく続けてみたいところです。

 

踏み台のようなものさえあれば、場所を問わずにできるのも大きな魅力と言えるでしょう。テレビを見ながらでもかまわないので、負担にならない程度に続けてみて下さい。

 

ただし、うっすらと全身に汗をかくほど動かなければ顔汗抑制は期待できない点だけは注意しましょう。

 

 

運動による顔汗解消例

実際に運動で顔汗抑制に成功した人の口コミを調べてみると、思わぬうれしいプラスアルファを実感していることが多々あるようです。なかでも多いのが「ダイエット効果があった!」というものです。

 

確かに有酸素運動は脂肪を燃焼させるものなので、スリムになるのも当然のことでしょう。

 

「夜グッスリ眠れるようになった」という声も結構ありますが、昼間の運動不足は安眠の大敵です。できれば日光を浴びながら適度な運動をすることは、心地よい眠りに欠かせません。

 

夜間に顔汗をかくようなことがあっては、さらに安眠が妨害されてしまうことでしょう。顔汗を押さえ、十分な睡眠を取るためにも、適切な運動を生活の中に取り入れるようにして下さい。

 

女性の口コミの中には「お肌がキレイになった」「生理痛が軽減された」というものもあります。運動不足を解消することは自律神経の活性化を促すことにもなるので、美容や健康にも良いというわけなのです。

 

以上のように顔汗と運動不足には不快関係があります。「最近、運動してないな」という生活を続けていると、知らず知らずのうちに顔汗をかきやすい体質に近づいていってしまうのです。

 

顔汗がかなり深刻化してやっと異常事態と知る人も少なくありません。顔汗はひどくなるほど治療も大変です。できるだけ早いうちに何らかの手を打っておくことが、顔汗対策には欠かせません。

 

「運動不足かな?」と、思ったその日が運動をスタートするのに最適の日です。つい「もう遅いでしょ」とあきらめてしまう人も多いかもしれませんが、どんな年齢の人でも問題ありません。

 

「いつかは……」と、先延ばしにせず、どんどんチャレンジしてみてはいかがでしょうか。